旅行・観光

延べ200万人以上の観光客が訪れる日本最大級の祭典『青森ねぶた祭』協賛第64回青森花火大会 公式 …

投稿日:

延べ200万人以上の観光客が訪れる日本最大級の祭典『青森ねぶた祭』協賛第64回青森 … 予選では、応援ポイントのランキング上位10名が決勝進出者となります。 … PRESSでのインタビュー記事掲載 ⑤LINE LIVE副賞「JTB旅行旅行券5万円」

-旅行・観光

関連記事

JATA夏休み旅行動向調査、海外は台湾1番人気

JATA夏休み旅行動向調査、海外は台湾1番人気

海外旅行は近場や定番リゾート地が上位を占める格好となった。 … 海外旅行の人気ランキングを見ると、台湾は近場の海外旅行として女性や少人数の旅行が …  www.jwing.net JATA夏休み旅行動向調査、海外は台湾1番人気 &#821…http://www.jwing.net/news/3002

韓国が1位。日本人が夏に行きたい「海外旅行ランキング」TOP10

韓国が1位。日本人が夏に行きたい「海外旅行ランキング」TOP10

海外よりも気軽に行ける国内旅行は安定の人気を集めています。政府は2020年までに国内旅行消費額を21兆円にすると掲げており、拡大する世界の観光需要を …  ニコニコニュース 韓国が1位。日本人が夏に行きたい「海外旅行ラン…http://news.nicovideo.jp/watch/nw3801004海外よりも気軽に行ける国内旅行は安定の人気を集めています。政府は2020年までに国内旅行消費額を21兆円にすると掲げており、拡大する世界の観光需要を積極的に取り込んでいます。最近では1~2日で行ける小旅行や日帰り旅行も注目されているた…

【国内宿泊費ランキング】人気なのに宿泊料がお安い都市はどこ?

【国内宿泊費ランキング】人気なのに宿泊料がお安い都市はどこ?

Hotels.comの「2017年に日本人旅行者が国内の人気都市/地域で支払った1泊あたりの平均宿泊料金」から、人気の10都市の宿泊料に着目してランキングしてみました。 2017年度人気10 … 人気観光都市の平均宿泊費の差異は。第10位(宿泊費が … 和風旅館・外資系ホテルとも高級系が多く、価格設定は高め。宿泊料は …  OVO [オーヴォ] 【国内宿泊費ランキング】人気なのに宿泊料がお安…https://ovo.kyodo.co.jp/news/life/travel-news/a-1150676日本人にも訪日旅行客にも大人気の日本国内旅行。 ひとつの国でありながら、47都道府県全く違う個性があり、食べ物が美味しく、治安の良い国。温泉の魅力も大きいですね。旅行時の宿泊料は、みんな一体いくらくらいのお金をかけているのでしょうか? Hotels.comの「2017年に日本人旅行者が国内の人気都市/地域で支払った…

ハウステンボス 世界初 海上の球体ホテル

ハウステンボス 世界初 海上の球体ホテル

PR(トゥウェリッジ). 目的は恩返し?別府市が草津温泉を応援する新聞広告が話題. Feb 21,2018. editors room. Reporter. 一番の驚きはアルパカ!「#飼育員の心臓に悪い動物の寝相コンテスト」が話題. Feb 15,2018. editors room. Reporter. 7日で-6キロ達成!?薬剤師が絶賛してる「超簡単500円ダイエット法」とは.  ホウドウキョク ハウステンボス 世界初 海上の球体ホテルhttps://www.houdoukyoku.jp/clips/CONN00386522長崎県にあるテーマパーク「ハウステンボス」。その港に浮かんだ、ボールのような物体。 これは、6日にお披露目された最新のホテル。 球体の直径は6.4メートル、客室は洋室と和室の2つのタイプがある。 いずれもトイレとバスルームを備え、一般のホテルの客室と変わりない。 水上を移動…

観光パンフレットの人気ランキング、2年連続で「函館旅時間」がトップ

観光パンフレットの人気ランキング、2年連続で「函館旅時間」がトップ

市区町村の3、4位は金沢市の「金沢市観光マップ」と「金沢市観光ガイドブック」。西日本の自治体では10位となった松江市の「ブラマツエ ガイドマップ」が唯一、ベスト10入りした。 都道府県の2位は千葉の「千葉県観光マップ」、3位は群馬の「ぐんま観光マップ」。センターの担当者は「首都圏から日帰りで行けるので人気を集め …  JAPAN style 訪日ビジネスアイ 観光パンフレットの人気ランキング、2年連続で「函…https://j.sankeibiz.jp/article/id=3100全国の自治体でつくる地域活性化センターは25日、東京・日本橋の「ふるさと情報コーナー」で平成29年度に人気があった自治体観光パンフレットのランキングを発表した。トップは市区町村が2年連続で北海道函館市の「函館旅時間」、初めて集計した都道府県は北海道の「北海道 観光ガイドマップ」だった。