旅行・観光

日本が2年連続1位に。APACエリアから人気を集める世界の都市

投稿日:

-旅行・観光

関連記事

旅行で最も節約したい費用1位は「交通費」!9割以上が「カップル旅行でLCCはアリ」。2019年1月より …

旅行で最も節約したい費用1位は「交通費」!9割以上が「カップル旅行でLCCはアリ」。2019年1月より …

さらに9割以上の人が「恋人との旅行でLCCを利用するのはアリ」と回答するなど、 … キャビンアテンダントとして接客してほしいタレントランキング 1位:石原 … と、交通費を賢く節約して、旅行の目的であるグルメや観光地巡りに予算を回したいと …. 【徳島県・ルネッサンス リゾート ナルト】2~3月限定「鳴門わかめ収穫体験ツアー」 …  プレスリリース・ニュースリ… 旅行で最も節約したい費用1位は「交通費」!9割以…https://prtimes.jp/main/html/rd/p/000000002.000040200.html株式会社かんぽ生命保険のプレスリリース(2019年1月10日 10時00分)旅行で最も節約したい費用1位は!9割以上が。2019年1月より、Peach特別ラッピング機就航!

【ランキング】外国人旅行者が宿泊している人気の都道府県は?

【ランキング】外国人旅行者が宿泊している人気の都道府県は?

観光庁の「宿泊旅行統計調査 平成29年1月~12月」から読み取れる、都道府県 … 北海道はスキーリゾートとしての人気が高く、中国、台湾、韓国、香港、タイと、 …  ニコニコニュース 【ランキング】外国人旅行者が宿泊している人気の…http://news.nicovideo.jp/watch/nw3726049観光庁の「宿泊旅行統計調査 平成29年1月~12月」から読み取れる、都道府県別にみた外国人旅行者の実態をチェックしてみました。※多くのデータ・グラフが「従業者数10人以上の施設に対する調査から作成」された資料となっています。外国…

世界の観光スポットの来場者数ランキング2017、最多は中国「万里の長城」、東京ディズニーが7位に

世界の観光スポットの来場者数ランキング2017、最多は中国「万里の長城」、東京ディズニーが7位に

続いて7位に日本の東京ディズニーリゾート、8位が韓国・釜山海雲台区がランクした。博物館に特化した場合、来場者が最も多い博物館は、ベトナムの戦争証跡 …  トラベルボイス 世界の観光スポットの来場者数ランキング2017、最…https://www.travelvoice.jp/20180528-1111742017年の世界の観光スポットや観光施設の市場規模は2546億米ドル(約28兆円)。来場者最多は中国・万里の長城で7038万人。英調査会社ユーロモニターインターナショナル調べ。

世界のビーチNo.1に選ばれたのは!?「トリップアドバイザー」調査

世界のビーチNo.1に選ばれたのは!?「トリップアドバイザー」調査

ランキングでは、さらに「アジアのベストビーチ トップ10」も発表されています。 … ランキングなども参考に、この夏の旅行ではビーチリゾートを満喫してみるのは …  地球の歩き方 ニュース&レポ… 世界のビーチNo.1に選ばれたのは!?「トリップア…https://news.arukikata.co.jp/column/travel-info/South_America/Turks_and_Caicos_Islands/other_cities_in_Turks_and_Caicos_Islands/133_945153_1530168866.html?w=133 旅行サイト「トリップアドバイザー」は、トリップアドバイザーに投稿された旅行者の口コミ評価をもとに、実際に訪れた旅行者に高く評価されたビーチをランキング化した「トラベラーズチョイス™ 世界のベストビーチ2018」を発表しました。世界各国から選ばれた355のビーチのうち、2018年の世界No.1ビーチに輝いた…

グーグルが旅行検索の最新トレンドを発表、「交通」「宿泊」「体験」の検索キーワードがより具体的に、観光 …

グーグルが旅行検索の最新トレンドを発表、「交通」「宿泊」「体験」の検索キーワードがより具体的に、観光 …

地名による検索量ランキングでは、上位となる観光地名には大きく変化がなかった … 東京では「hotel」(ホテル)、京都では「ryokan」(旅館)、大阪では民泊 …  トラベルボイス グーグルが旅行検索の傾向を発表、日本に関する旅…https://www.travelvoice.jp/20180726-115128グーグル(Google)が検索キーワードから読む最新のインバウンド旅行トレンドを発表。今回の傾向から「盛り上がるタビナカ市場」「多様化する旅行者ニーズ」「高まる自分最適への期待値」の3つのトレンドを指摘。