旅行・観光

桜の名所、1位は弘前公園(じゃらん)

投稿日:

弘前公園(青森県)が、「桜絶景スポットランキング」でトップを獲得した。1882年に植栽された日本最古のソメイヨシノのほか、大枝垂れ(1914年)や幹回り5㍍を超えるソメイヨシノなど、多く … 高遠城址公園では、伊那市観光ボランティアガイドによるワンコイン案内(1回500円)を実施するなど、受入体制の充実に注力している。

-旅行・観光

関連記事

訪日外国人は離島がお好き 佐渡と小笠原の共通点は?

訪日外国人は離島がお好き 佐渡と小笠原の共通点は?

スイス人で創業者のステファン・シャウエッカー氏が1996年に開設し、日本の観光地や文化などを英語で紹介し … それをランキングに示したのがこちらの表です」.  NIKKEI STYLE 訪日外国人は離島がお好き 佐渡と小笠原の共通点…https://style.nikkei.com/article/DGXMZO30213800Y8A500C1000000?n_cid=LMNST020 2020年東京五輪・パラリンピックの開催が近づき、拡大が続くインバウンド(訪日外国人)需要。それを後押ししているのが訪日客の情報源になっている日本紹介サイトだ。英語サイト「japan-guide.com(ジャパンガイド)」は世界で月間約180万人が閲覧する「…

「京都」「沖縄」を退け「四国」が一強状態に!? 修学旅行に関するとある調査結果が衝撃的

「京都」「沖縄」を退け「四国」が一強状態に!? 修学旅行に関するとある調査結果が衝撃的

修学旅行の行き先といえば「京都」や「東京」、「沖縄」が真っ先に思い浮かぶかも … 年の調査では、「1位:沖縄」「2位:東京」「3位:京都」という旅行先ランキングに。 … Jタウン研究所」は3月18日から5月14日までの期間で「高校の修学旅行の … 愛媛県松山市の産業経済部「観光・国際交流課」は、2009年に「おいでんか四国 …  日刊ビビビ 「京都」「沖縄」を退け「四国」が一強状態に!? …http://www.n-bibibi.com/archives/5251「観光・国際交流課」公式サイトより。   修学旅行の行き先といえば「京都」や「東京」、「沖縄」が真っ先に思い浮かぶかもしれない。実際に「日本修学旅行協会」が高校生を対象に行った2015年の調査では、「1位:沖縄」「2位:東京」「3位:京都」という旅行先ランキングに。しかし最近行われたとある調査では「四…

LINEトラベルjp(旧Travel.jp) 特徴・概要

LINEトラベルjp(旧Travel.jp) 特徴・概要

「Travel.jp」の姉妹サイトであった国内外の旅行・観光ガイド「たびねす」は、「LINEトラベルjp」の旅行ガイドコーナーに統合された。このほか、国内宿泊施設の …  www.hotelier.jp 「LINEトラベルjp」について知る | HOTELIER(ホテ…https://www.hotelier.jp/hotel_comp/travel-jp

ゴールデンウィークの航空券料金の上昇率が高い注目スポットと穴場スポットランキング

ゴールデンウィークの航空券料金の上昇率が高い注目スポットと穴場スポットランキング

2019年の特大ゴールデンウィークに向けて、加熱する旅行市場。では、今年のGWにおける旅行先として特に注目を集めている国と地域は、いったい、どこなの …  @DIME アットダイム ゴールデンウィークの航空券料金の上昇率が高い注…https://dime.jp/genre/687490/2019年の特大ゴールデンウィークに向けて、加熱する旅行市場。では、今年のGWにおける旅行先として特に注目を集めている国と地域は、いったい、どこなのだろうか?今回、旅行検索エンジンKAYAK (https://www.ka…

「52 Places to Go in 2019」に日本から唯一瀬戸内エリアがランクイン

「52 Places to Go in 2019」に日本から唯一瀬戸内エリアがランクイン

… 旅行や観光に関する世界最大級イベント「ツーリズムEXPOジャパン2018」が開幕しま … 大雪カムイミンタラDMOとは | 北海道大雪エリアをPR・スノーリゾートで …  訪日ラボ 日本で唯一 世界7位にランクインの快挙/NYタイム…https://honichi.com/news/2019/03/08/newyorktimesxranking2019/アメリカで最も著名な「The New York Times」にて「52 Places to Go in 2019」が発表されました。「瀬戸内エリア」が7位にランクインし、日本で唯一の選出となっています。2019年に行くべき52ヶ所の中で瀬戸内エリアが紹介された理由について、近年のせとうちDMOによる瀬戸内エリアのインバウンドプロモーションの取り組…