動画・テレビ

今平周吾が6冠、最優秀選手賞 稲森佑貴は4年連続フェアウェイキープ率1位達成

投稿日:

賞金ランキング賞:今平周吾(初受賞) ・特別賞: … トータルポイントランキング賞:池田勇太(初受賞) … ・AbemaTVツアー賞金ランキング賞:佐藤大平(初受賞)

-動画・テレビ

関連記事

AbemaTV『10億円会議supported by日本財団』連動企画『10億円会議キャンペーン』を2月1日(金)より開始

AbemaTV『10億円会議supported by日本財団』連動企画『10億円会議キャンペーン』を2月1日(金)より開始

AbemaTV新番組『10億円会議supported by日本財団』連動企画社会課題を … 日本財団(会長:笹川陽平)は、株式会社AbemaTV(アベマティーヴィー・代表 …  Jタウンネット AbemaTV『10億円会議supported by日本財団』連動企…https://j-town.net/kyoto/other/a01_prwire/2019/02/01271050.html日本経済新聞朝刊広告デザイン2019年2月1日公益財団法人日本財団AbemaTV新番組『10億円会議supportedby日本財団』連動企画社会課題を解決するアイデアを募集する『10億円…

東方神起 再始動ドームツアー映像でも快挙達成!海外アーティスト歴代最多となる7作連続通算9作目の …

東方神起 再始動ドームツアー映像でも快挙達成!海外アーティスト歴代最多となる7作連続通算9作目の …

またBDは初週売上4.2万枚で同日付週間BDランキング総合2位に初登場し、DVDとBDを合算した. 「総合ミュージック映像ランキング」でも合算売上7.9万枚で通算4作目の1位獲得となった。 今作は全国5大ドームツアーの中から、ツアー最終日の2018年1月21日の京セラドーム公演の模様を収録。 ライ ブ本編では再始動 …  Hwaiting!/ファイティン! 東方神起 再始動ドームツアー映像でも快挙達成!海…http://hwaiting.jp/?p=25025東方神起 再始動ドームツアー映像でも快挙達成!海外アーティスト歴代最多となる7作連続通算9作目のDVD首位記録更新! 2017年、復帰記念アルバム 「FINE COLLECTION~Begin Again~」が海外男性アーティストとしては初の6作目のオリコン週間1位を獲得する …

防弾少年団、日本テレビで異例の特番が決定!6月7日の放送に高まる期待

防弾少年団、日本テレビで異例の特番が決定!6月7日の放送に高まる期待

これは、防弾少年団の日本での人気を物語るもので、先月4日に日本で発売された3rdフルアルバム「FACE YOURSELF」はオリコンデイリーランキング1位、週間 …  Kstyle 防弾少年団、日本テレビで異例の特番が決定!6月7…http://news.kstyle.com/article.ksn?articleNo=2093602日本テレビが、世界中で人気を集めている防弾少年団の特番を制作し、放送する。 日本のメディア「スポニチ」によると、日本テレビが6月7日に防弾少年団の特番を放送する予定だ。 今回の特番は、20日(現地時… – 韓流・韓国芸能ニュースはKstyle

ロシアのYouTubeは子供が主役? 独自のソーシャルメディア事情に迫る

ロシアのYouTubeは子供が主役? 独自のソーシャルメディア事情に迫る

これまでもホームページ、ブログ等はやっていましたが、映像や音声での表現は自分 … ロシアは世界的な動画大国の一つになったと言っていいでしょう。 … 発のYouTubeチャンネルの登録者数ランキングが出ていますので、これをチェックし … 日本ほど極端ではないかもしれませんが、ロシアでも最近は若者がテレビをあまり観 …  朝日新聞GLOBE+ ロシアのYouTubeは子供が主役? 独自のソーシャル…https://globe.asahi.com/article/12142790YouTube始めました 完全に個人的な話で恐縮ですが、筆者は昨年11月、個人のYouTubeチャンネルを立ち上げ、動画による情報発信を始めました。「週刊ロシア経済」、「2019年ウクライナ大統領選特報」といったプログラムをお届けして…

平成/ゼロ年代のヒット商品・レコーダー 競合は動画配信に

平成/ゼロ年代のヒット商品・レコーダー 競合は動画配信に

家電量販店・オンラインショップの実売データを集計した「BCNランキング」によると、次世代DVDの「Blu-ray Disc(BD、ブルーレイ)」の再生・録画に対応したBD …  BCN+R 平成/ゼロ年代のヒット商品・レコーダー 競合は動…https://www.bcnretail.com/market/detail/20190330_112300.html【連載・平成振り返り 第2回】 「平成最後の年に振り返るデジタル製品史」として、過去の記事とデータを引きつつ、主にゼロ年代(2000年代)に注目を集めたジャンルを振り返りたい。第2回は、早々に国内メーカー4社を除いて撤退が相次ぎ、「地デジ元年」と呼ばれ2011年にピークを迎えた「レコーダー」を取り上げる。