動画・テレビ

液晶テレビ55インチ以上 いまもっとも売れているテレビは?

投稿日:

-動画・テレビ

関連記事

独占配信の『力の強い女』が再び1位!U-NEXT、2018年8月度の韓流ドラマランキング発表

独占配信の『力の強い女』が再び1位!U-NEXT、2018年8月度の韓流ドラマランキング発表

U-NEXT、2018年8月度の韓流ドラマランキング発表 … 堤 天心)が運営する動画配信サービス「U-NEXT」は、韓流・アジアドラマジャンルにおける2018 … 8月の韓流レンタルランキングでは、U-NEXT独占で配信している『力の強い女 ト・ … 充実のラインアップを、スマートフォンやテレビなどお好きなデバイスでご覧になれます。  財経新聞 独占配信の『力の強い女』が再び1位!U-NEXT、2018…https://www.zaikei.co.jp/releases/682167/USEN-NEXT GROUPの株式会社 U-NEXT(本社:東京都品川区、代表取締役社長:堤 天心)が運営する動画配信サービス「U-NEXT」は、韓流・アジアドラマジャンルにおける2018年8月度視聴ランキング TOP10を発表いたしました。

テニスの試合で不可欠になったライン判定システム「ホークアイ」とは?

テニスの試合で不可欠になったライン判定システム「ホークアイ」とは?

テニスの試合において、今では当たり前になった自動ライン判定システムの「ホークアイ」。3D映像で打球の軌跡と落下点を判別して、サービスやストロークのインかアウトかを人間 … テレビや試合会場のディスプレイで表示されるボールの軌跡と落下点の表示はどのように行われているのか、なかなか見聞きすることはない。  www.thetennisdaily.jp 「テニスの試合で不可欠になったライン判定システ…https://www.thetennisdaily.jp/news/special/2018/0029488.php

動画配信サービス『ピッコマTV』開始 ドラマ『聖 おにいさん』も今秋先行配信へ

動画配信サービス『ピッコマTV』開始 ドラマ『聖 おにいさん』も今秋先行配信へ

漫画アプリ『ピッコマ』で知られるカカオジャパンは26日、ドラマやアニメ、映画などを視聴できるスマートフォン向け動画配信サービス『ピッコマTV』をスタートさせた …  楽天WOMAN 弱虫ペダルのニュース – 動画配信サービス『ピッコ…https://woman.infoseek.co.jp/news/entertainment/oricon_2116324動画配信サービス『ピッコマTV』開始 ドラマ『聖☆おにいさん』も今秋先行配信へ, 漫画アプリ『ピッコマ』で知られるカカオジャパンは26日、ドラマやアニメ、映画などを視聴できるスマートフォン向け動画配信サービス『ピッコマTV』をスタートさせた。【画像】秋に配信予定の実写ドラマ『聖☆おにいさん』 『ピッコマ』…

有機ELの単価ダウンが顕著に、平均単価は1年で10万円も下落

有機ELの単価ダウンが顕著に、平均単価は1年で10万円も下落

全国の主要家電量販店・ネットショップの実売データを集計した「BCNランキング」では、液晶テレビと有機ELテレビを合算した薄型テレビの6月の数字は好調だった …  BCN+R 有機ELの単価ダウンが顕著に、平均単価は1年で10万…https://www.bcnretail.com/market/detail/20180826_82770.html「7月の有機ELテレビの販売は台数ベースで前年同月を上回ったが、金額ベースはついに前年を割った。単価ダウンが激しすぎる……」。

米津玄師、『Lemon』Music Videoが日本初の3億回再生を突破!

米津玄師、『Lemon』Music Videoが日本初の3億回再生を突破!

2018年各主要ランキングを総なめにした米津玄師『Lemon』。そのMusic Videoが2月9日(土)21:19にYouTubeでの再生回数が3億回を突破した。 MV『Lemon』 … この3億再生という数字は、日本で公開された映像では前代未聞となる。 …. 米津玄師、DAOKOとのコラボ曲“打上花火”でYouTube音楽動画1位を獲得!他2曲 …  Qetic 米津玄師、『Lemon』Music Videoが日本初の3億回再…https://qetic.jp/music/reissuerecords-190210/308434/2018年各主要ランキングを総なめにした米津玄師『Lemon』。そのMusic Videoが2月9日(土)21:19にYouTubeでの再生回数が3億回を突破した。先日発表された<FUJI ROCK FESTIVAL 2019>の第一弾ラインナップで発表されたJames Blakeの最新作にも言及。