動画・テレビ

LGが国産メーカーをおさえて上位に食い込む! 有機ELテレビ ランキング 2018/7/23

投稿日:

*「BCNランキング」は、全国の主要家電量販店・ネットショップからパソコン本体、デジタル家電などの実売データを毎日収集・集計している実売データベースで、 …

-動画・テレビ

関連記事

【実売速報】シャープ、ソニーの2強続く?液晶テレビ 売れ筋ランキングTOP10

【実売速報】シャープ、ソニーの2強続く?液晶テレビ 売れ筋ランキングTOP10

「BCNランキング」日次集計データによると、2018年4月4日、液晶テレビの実売台数ランキングは以下の通りとなった。 … *「BCNランキング」は、全国の主要家電量販店・ネットショップからパソコン本体、デジタル家電などの実売データを毎日収集・集計している実売データベースで、日本の店頭市場の約4割(パソコンの場合)を …  BCN RETAIL 【実売速報】シャープ、ソニーの2強続く?液晶テレ…https://www.bcnretail.com/topics_detail10/id=57351「BCNランキング」日次集計データによると、2018年4月4日、液晶テレビの実売台数ランキングは以下の通りとなった。

まふまふがスペシャル映像提供&天月-あまつき-独占インタビュー。4/19放送『Rの法則』歌い手特集で

まふまふがスペシャル映像提供&天月-あまつき-独占インタビュー。4/19放送『Rの法則』歌い手特集で

放送では、まふまふが番組のためにスペシャル映像を提供したほか、天月-あまつき-への独占インタビュー、Geroがスタジオで生歌を披露するなどの内容となっている。 また、ボカロPの八王子Pによる歌&動画制作の指南や、10代女子1万人が選んだ「好きな歌い手」ランキングも発表される。 ○番組情報. NHK Eテレ『Rの法則 …  rockinon.com まふまふがスペシャル映像提供&天月-あまつき-独…https://rockinon.com/news/detail/1752764月19日(木)放送のNHK Eテレ『Rの法則』で、歌い手が特集される。放送では、まふまふが番組のために…

【エンタがビタミン 】HKT48×イコラブ 指原莉乃が育てた2組が“アイドル戦国時代”に新風

【エンタがビタミン 】HKT48×イコラブ 指原莉乃が育てた2組が“アイドル戦国時代”に新風

… の3枚目シングル『手遅れcaution』(5月16日発売予定)のカップリング曲『部活中に目が合うなって思ってたんだ』のPR映像がYouTubeで公開されている。  Techinsight(テックインサイ… 【エンタがビタミン♪】HKT48×イコラブ 指原莉乃が…http://japan.techinsight.jp/2018/05/maki05081145.htmlHKT48の11枚目シングル『早送りカレンダー』(5月2日発売)がオリコン週間シングルランキング(5月14日付)で1位となり、デビュー曲『スキ!スキ!スキップ!』(2013年3月)から11作連続で首位を記録した。折しもランキングが発表された5月7日、=LOVEの3枚目シングル『手遅れcaution』(5月16

羽生善治、橋本崇載、藤井聡太らが激突!AbemaTVトーナメント開催決定

羽生善治、橋本崇載、藤井聡太らが激突!AbemaTVトーナメント開催決定

ジャニーズ · ドラマ · アイドル · 動画配信 … 無料インターネットテレビ局・AbemaTVの「将棋チャンネル」で、羽生善治竜王(永世七冠)の … AbemaTVルール”は、持ち時間5分で開始し、1手指すごとに5秒が加算、持ち時間が切れると … トーナメントに参加するのは、「第31期竜王戦5組ランキング戦」で勝利を収め、最年少で七段 …  TV LIFE 羽生善治、橋本崇載、藤井聡太らが激突!AbemaTVト…http://www.tvlife.jp/entame/173111AbemaTVの「将棋チャンネル」で新番組『AbemaTVトーナメント Inspired by 羽生善治』が放送…

月9ドラマ「海月姫」OPテーマの振付動画が60万回再生を突破

月9ドラマ「海月姫」OPテーマの振付動画が60万回再生を突破

『Goサインは1コイン』は“中毒性がある”楽曲と、常にトピックスに上がっており、キッズ層を中心にこの振り付けを真似る人が急増中。YouTubeで公開されている振り付けビデオは、現在60万回を超える再生数を記録しており、USENJ-POPランキングでも現在6位にランクインするなど、多方面で注目を集め始めている。 先日14日 …  ドワンゴジェイピーnews 月9ドラマ「海月姫」OPテーマの振付動画が60万回再…https://news.dwango.jp/2018/03/19/175800/j-pop/「女の子は誰だってお姫様になれる」をテーマに、“オタク女子”、“女装男子”に“童貞エリート”と、規格外に型破りなキャラクターしか登場しない舞台で、魔法使いに出会い人生が一変したシンデレラのような主人公の姿を、原作のシュールなギャグ・ワールドを生かしながら描く、新感覚の“シンデレラ・コメディー”で、芳根京…